wavetoneでの耳コピのコツ

wavetone

wavetoneでの耳コピのコツ

音源補正
コンピューターで判定しやすい音にwave波形編集ソフトで加工したほうが良いです。

音量の小さな曲は取りにくいです。
小さい音は取れないのでwaveデータを
イコライザー コンプレッサー ノーマライズなどで波形を補正しておくと良いです。

曲、全体を和音モードで取る場合は
高音 低音も平均して出るように音源補正したほうが良いようです。
低音が出てない録音だとベース音が取れないです。

狙いたい音を強調
ボーカル ベース音を耳コピしたい場合は
低音強調機能・イコライザ・ボーカルキャンセラーなどで
狙いたい音を目立つようにしておいた
音源を使用すると取りやすくなります。

音域・パートを分けたほうがいい音は
wavetone側で別トラックにしてコピーです。

wavetoneなど耳コピ支援ソフトは倍音で取るようなので
いらない音も大量に拾ってしまいます。
音域を合わせて別トラックでコピーしたほうがよさそうです。

テンポは手動で修正
wavetoneのテンポは自動で出ますが出だしが外れているので
テンポに合わせてshift+スペースキーを押すやり方で
小節が合うぐらいまで手動で合わせます。

コード判定
機械なので自動では完全に合っていませんが
ベース音を参考に手動で合わせます。
ベース音を取れば大体コードをわかります。

自動コード判定はメジャーとマイナーを間違えることが多いです。
混ざった音は取れないようです。

wavetoneは耳コピ支援ソフトなので
自力で修正は必要です。

wavetone
スポンサーリンク
vocaloid-nandemo118をフォローする
VOCALOID MIDI 音楽研究