VOCALOID MIDI 音楽研究TOP | guitar »

Ample Guitar M Lite で スリーフィンガー奏法

Ample Guitar M Lite

でスリーフィンガー奏法の パターン打ち込み

基本的なパターンのみです。

スリーフィンガー奏法でのベース音が456弦使用されているので3パターン用意

手順

ストラマーモードへ

スイッチもオンにする

ギター右手部分指で弾く側

パターン選択です。

対応する鍵盤は番号をマウスを上に当てると表示

画面右部分のパターン打ち込み操作

クリックで打ち込み。

左右にドラッグで長さ変更

ダブル・クリックで削除

ギターで左手部分フレットを押さえる部分

コード指定です。

対応する鍵盤は番号をマウスを上に当てると表示

再生し鍵盤、マウス操作 で演奏

もしくはmidiシーケンスソフトを使用し

コードを指定しパターン選択で演奏できます。

コンピューターなので打ち込んでしまえば複雑な演奏も

可能です。

Ample Guitar M Lite で スリーフィンガー奏法

https://www.youtube.com/watch?v=7Rz8qryFekw&t=66s

Ample Guitar M Lite ストラム・モード 使い方

Ample Guitar M Lite

リアルなギターストロークが可能です。

操作を覚える必要ありです。

midiでギターを打ち込むには

手間がかかり音もリアルな音が出にくいです

無料の物で考えられる中ではAmple Guitar M Lite がよいです。

Strummerモードでストローク midi打ち込み 使い方

Strummerモードに行く

スイッチもオンにする。

スイッチオンが分からなくて困りました。

パターン、コードは番号の上にマウスを乗せると鍵盤の使用するキーが分かります

コードはデフォルトではCメジャーキーになってます。

クリックでコード、キーは変更可能です。

鍵盤で弾いてみるとわかりやすいですが

ギターストロークは左側でコードを指定して右側でパターンを選択の感じです。

midiで打ち込んだ場合

コード指定 とパターン指定の

データになります。

説明書 45P 5.2

midiで打ち込んでしまうと

コードストロークが 演奏出来ます

パターン部分はいろいろ変更可能です。

自力で打ち込むこともできます。

VOCALOID MIDI 音楽研究TOP

Syndicate this site (XML)

Archive Index